ワーキングホリデーでの就労

この度は、Tokyo Shiatsu Clinic セラピスト募集に興味を持って頂き、有り難うございます。こちらでの就労条件、手続き手順は、下記の通りです。

就労条件

  • 500時間以上の学校(健康、医療関係の講習)を終了している方。(国は問いません。面接時の終了証の提示必要)
  • 臨床経験、治療技術は有するが、500時間以上の学校(健康、医療関係の講習)終了が無い方は、Tokyo Health Institute
    (当Clinic併設School)にて必要時間の講習終了後、治療、サービスに当たっていただきます。
  • 学歴高校卒業以上で30歳以下(ワーキングホリデービザ取得の年齢制限)の方。

手続き手順

  • 面接の後、双方の条件が合致した時点でワーキングホリデービザの申請を行っていただきます。
  • 在日カナダ大使館のWebページにて申請用紙、申請条件等の確認、申請を行ってください。最短3ヶ月でビザの取得が可能です。
  • ビザ取得後来加して頂き、Toronto市発行のホーリスティックプラクティショナーライセンスの申請、取得を行っていただきます。その条件としてToronto市の認めるホーリスティックプラクティショナー協会への加入が条件となります。(入会金$180.00)
  • 技術、経験、臨床用英語力を満たしている方は直ちに治療、サービスに当たっていただきます。
  • 技術、英語力が充分でない方には指圧、整体の技術指導、Canadianによる臨床用英会話の授業の用意があります。(1時間$30.00)

制給料体

  • 基本、完全歩合制(フリー患者40% 指名患者50%)治療費1時間$72.00
  • 希望により就労開始から14週間を上限に週$400.00の給料制も可
  • 週5日以上、1日8時間の勤務体制
  • 個人事業主としての就労

こちらでの住居、当初生活に関しましては出来る限りのお手伝いさせて頂きます。

>> この頁のトップへ

2 thoughts on “ワーキングホリデーでの就労

  1. 初めてまして、谷上翔太と申します。現在、25歳です。柔道整復師の資格取得後に3年間、接骨院で勤務しました。その後、スポーツ現場での勉強をする為に、アメリカのMerced collegeに一年間のプログラムで留学しました。アメリカに在学中にgood student award やscholarshipを頂き、collegeでの成績は、sports medicineのクラスはA、English のreadingとwritingのクラスは共にBでした。今年の5月末に帰国後、視野を広げる為に、NESTA(全米エクササイズ・スポーツトレーナー協会)のパーソナルトレーナーの資格を取り、現在はスポーツジムで運動指導しながら、治療院などで研修させて頂いています。そして、来年にワーキングホリデーの制度を利用して、カナダで働く事を考えていました。自分の今までの経験を活かしながら、更なる向上を目指してます。簡単な自己紹介になりますが、よろしくお願い致します。

    • 谷上様、メッセージありがとうございます。まずはレジュメをメールでお送り頂けますでしょうか。検討させて頂き、ご連絡いたします。お手数ですが、よろしくお願いいたします。
      東京指圧クリニック info@tokyoshiatsu.com

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s